警備の求人にはどんなものがあるの?バイトや契約社員などのシフトについても解説!

バイトや契約社員の求人でも、警備の求人をよく見かけるようになりましたが、実際にはどのような種類があるのでしょうか。この記事では、「警備員の求人の種類」、「警備業界ではメジャーなシフト制の勤務形態」、「働く場所」について解説していきます。警備員の仕事に少しでも興味を持っている方に役立つ内容となっていますので、ぜひご覧ください。

警備の求人にはどんな種類があるの?

イベント警備をする警備員

ひとくちに警備の求人といっても、その種類は多岐にわたります。主な種類は下記の4つです。

  • 施設警備
  • 交通誘導警備
  • 現金輸送警備
  • イベント警備

この中で最もメジャーなのは、スーパーやショッピングモール、遊園地など商業施設で警備を行う「施設警備」です。防犯カメラのモニターを監視したり、施設内に異常がないか巡回をしたりして、事故や盗難などのトラブルを未然に防ぐのが仕事です。

次に、工事現場や駐車場などで警備を行う「交通誘導警備」です。トラックや車、人が多く行き交う場所は常に危険が隣り合わせです。交通誘導警備は、交通量や通行人が多い場所、トラックなど大型の自動車が通る場所で未然に自己を防ぐのが仕事です。

「現金輸送警備」の仕事は、私たちがよく利用するコンビニのATMや銀行などからお金を運ぶ仕事です。現金輸送という言葉から「お金」のイメージが強いと思いますが、他にも宝石や金塊、証券といったものも運びます。これら金品を確実かつ安全に運び届けなければなりません。

「イベント警備」は、イベント会場で多くの観客の混乱を防ぐため安全に誘導する仕事です。大勢の人でごった返す祭りや花火大会などのイベントで安心して楽しめるのも、イベント警備員の支えがあるからといっても過言ではないでしょう。

警備員の勤務形態はおもにシフト

カレンダーとペン

警備員の勤務形態は、おもにシフト制です。1日2交代制と1日3交代制がありますが、1日3交代制がメジャーです。1日3交代制の場合、勤務時間は①7:00~②15:00③22:00というシフトが多いです。

また、職場によって日勤が多くなったり、夜勤が多くなったりします。たとえば、商業施設は日勤が多く、道路工事現場は夜勤が多くなります。

警備員の働く場所はどんな場所?

警備員は、おもに「商業施設」「オフィスビル」「駐車場」「道路工事現場」「イベント会場」「駅構内」「空港」などで働いています。いずれも人や車の流れが多い場所です。そのため、警備の求人が特に多いのは、道路工事現場などで働く交通誘導警備の仕事です。

また、警察庁が警備会社に行った実態調査では、人手不足である警備会社は全体の9割にも及びました。そのため、基本的にはどのような現場でも警備員が不足しており、あなたのニーズに合った現場選びが可能です。

バイト、契約社員の警備の求人もあり!まずは採用情報をチェック

大希綜合警備保障では、バイト、契約社員の警備の求人も行っています。9割が未経験からのスタートですので、ご安心ください。少しでも警備の仕事に興味がありましたら、大希綜合警備保障の採用情報をチェックしてみてください。

採用情報はこちら

警備員として働きたい方は大希綜合警備保障へ!

警備の求人(バイト・契約社員)をお探しなら大希綜合警備保障へ

会社名大希綜合警備保障
住所大阪府堺市堺区南旅篭町東1丁1番29号
電話072-221-9623
FAX072-221-9619
URLhttps://www.daiki-keibi.com/
営業種目
  1. 個人及び団体に対しての身辺警備
  2. 現金、貴重品、並びに重要書類の護送業務及びその為の運送事業
  3. 事務所、工場、商店、ビル等の警備保障の請負
  4. 個人及び企業の信用調査業務の請負
  5. 防犯、防災等に関する助言、並びに設備器具の販売
  6. 防犯、防災等に附帯する調査
  7. 各種動産、不動産の賃貸及び販売
  8. 放置車両確認事務
  9. 公共の場所における放置自転車、駐輪場等管理業務の請負
  10. 自転車利用者に対しての道路交通法遵守啓発業務の請負
  11. 防犯、防災訓練の請負
  12. 受付案内業務並びに入園者整理業務処理請負
  13. イベントの企画運営並びにスタッフ請負業務
  14. 高級マンション、ビル等の管理業務
  15. 前各号に付帯する一切の業務